スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとうマイケルが送られていく
本当に彼は死んでしまったんだ

追悼式は残された者のために開催される
僕もこないだ祖母を亡くした。

火葬場の煙突から
煙が見えないのが悲しかった
空へ登ってゆくおばあちゃんを見たかったから


【マイケルさん追悼式、娘のパリスちゃん号泣でコメント「最高のパパでした…」】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090708-00000002-flix-movi
米国西海岸時間7月7日午前10時15分より、ロサンゼルスのステイプルズ・センターで
マイケル・ジャクソンさんの公開追悼式が行なわれ、
抽選により出席を許された一般参列者をはじめ、ジャクソン家の人々や
マイケルさんと親交の深かった人たちが参列した。



かつておばあちゃんだった物体は煙となり
火葬場のばい煙フィルターに濾し取られてるのだという。

おばあちゃんは…ばい煙じゃない…
僕は必死で煙突から煙が昇るのをこの目で確かめようとした。


見えたような気がした
たしかに見えたと思えた
僕は泣きそうになった



そして式の最後、
ジャクソン家の人々がマイケルさんに送る言葉を述べているとき、
ジャネット・ジャクソンがマイクをマイケルさんの娘パリスちゃんに手渡すと
パリスちゃんは、号泣。
「お父さんはわたしたちが生まれたときからいままでずっと最高のお父さんでした…
…パパ愛してる」と言うのが精いっぱいで、
ジャクソン家の人々に抱きかかえられて会場を去った。



マイケルを思う人々が
生き続けていく限り
マイケルもまた生き続ける

マイケル 永遠に

ありがとう

そしてさようなら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。